おしゃれなクリスマス用品はこれ!徹底比較


TOP > クリスマス用品のコラム > クリスマス用品の靴下を飾る場所について

クリスマス用品の靴下を飾る場所について

 クリスマスは子供にとっては楽しみにしているイベントの1つといえます。理由として誕生日以外の日でもプレゼントがもらえる特別な日という理由があります。子供にとってプレゼントはとても嬉しい物で、ずっと前かあら待ちわびている子供もいますよね。そんなプレゼントを入れる物として、昔から知られているのが靴下になります。特にベッドのよこに靴下をつるしておくと、サンタクロースがその靴下にプレゼントを入れてくれると信じている子供も多いです。ではなぜクリスマス用品の1つでる靴下を使用するかですが、サンタクロースが静かにプレゼントを贈れるようにという意味が含まれています。夜中家族が寝静まった時にサンタはやってきます。その時にプレゼントを直接床などにおくと、置いた音で家族が目を覚ます可能性があります。少しでも音を出さずにプレゼントが置けるよう、靴下に入れるようになったといわれていますよ。

 クリスマスに靴下を飾るという習慣は今でも根強く残っていますが、日本の場合はやはり寝室などのベッドや布団が多いですよね。子供へのプレゼントになるので、子供が寝ている時にそっと置けるようにという意味があります。では実施にクリスマスの本場のアメリカなどでは、同じようにベッドに置くのか疑問に感じることもありますよね。実は本場ではクリスマス用品の靴下の正しい置き場所は暖炉の上においたり前に吊るします。起源として暖炉の前で洗濯物を乾かしていて、その靴下の中にプレゼントが入ったのが最初と言われています。その名残がそのまま暖炉に靴下を置くことが習慣になっています。ただし日本の場合は暖炉がある家庭の方が珍しく、暖炉自体が無いのが普通ですよね。そのため靴下を飾る場所としてプレゼントを渡す子供のベッドになったと言われています。

 クリスマス用品となる靴下はプレゼントを入れるための入れ物として、暖炉に飾られるアイテムの1つです。ですが最近ではクリスマスの雰囲気をより盛り上げるため、暖炉に限らず様々な場所に飾られるようになっていますよ。まず暖炉やベッド以外では、クリスマスツリーに飾ることもあります。その際は通常よりも小さいサイズの物を装飾して飾ったり、もともとツリーの飾りとして靴下のデザインの物があったりします。その他には玄関の扉や窓辺などにも飾る事が多いです。玄関の扉や窓辺などは遠くからみても分かるように、通常よりも大きめな靴下を飾る事が多いです。色はクリスマスカラーとして赤や緑色を使った物が多く飾られます。クリスマスには靴下というイメージが強いことから、演出の1つとして色々な場所に飾られるようになりました。

ページトップへ