おしゃれなクリスマス用品はこれ!徹底比較


TOP > クリスマス用品のコラム > クリスマス用品に込められた意味について

クリスマス用品に込められた意味について

 クリスマスは普段とは違った食事を楽しみながらケーキを食べてと、普段とはちがった特別なイベントですよね。食事以外にプレゼント交換などもあり、子供だけでなく大人でも楽しみにしている人はとても多いです。そんなクリスマスですがやはりイベント自体の雰囲気を盛り上げるために、欠かせないクリスマス用品は数多くありますよね。特にクリスマスツリーやチキンなどは必ず準備する家庭が多い程、クリスマス用品の中では必需品になりますよね。では実際にクリスマスを盛り上げるためのアイテムは数多くありますが、その意味を知っている人は実はとても少ないです。海外からの影響で日本に普及したイベントなので、クリスマス自体は特別なパーティーという感覚が強いのかも知れません。ただししっかりとクリスマスに使われているアイテムの意味を知っていると、よりイベントを楽しむことにも繋がりますよね。

 では実際にクリスマスに欠かせないアイテムとして、まずはクリスマスツリーがあります。ツリーは12月のイベントとして雰囲気作りのために、街中にも数多く飾られることが多いクリスマス用品の1つです。ではツリーを飾る理由ですが、実際にはツリー自体はクリスマスに関係なかったものでした。単純にキリストの誕生日をお祝いする日だったので、ツリーはありませんでした。ツリーの起源となるのが北ヨーロッパに住んでいた原住民が行っていた冬至のお祭りに使用されていたカシの木が最初と考えられています。原住民はカシの木自体は冬でも枯れない木として信仰されており、そこにキリスト教を教える人が三角形の形をたカシの木は神様と自分達を象徴なんだと教えられました。神様はキリストになるため、キリストの誕生日であるクリスマスにカシの木を飾るという風習がツリーを飾る起源になっといわれていますよ。

 その他にクリスマスの象徴ともいえるのが、食事にチキンを食べるという風習がありますよね。ただしキチンを食べるのは日本で広がった風習であり、本場では食べる鳥は七面鳥を食べるのが一般的です。七面鳥自体は収穫祭などにお祝いとして食べるようになったのが始まりとされていたり、アメリカではクリスマスに限らずお祝いの日に七面鳥を食べる習慣があったとも言われています。その他にクリスマスに七面鳥を生贄として焼き肉にしてささげたのが始まりと言われたりと、様々な風習から今に定着した習慣のようです。では日本では何故チキンを食べることが広がったかですが、日本の場合はまず七面鳥自体が少なく手に入れるのが難しかったという理由があります。そのてんチキンは昔から家畜として飼われており、手に入りやすかったのえ家庭でチキンを食べる方が浸透しやすかったと言われていますよ。

ページトップへ