おしゃれなクリスマス用品はこれ!徹底比較


TOP > クリスマス用品のコラム > クリスマス用品として屋外用のイルミネーション

クリスマス用品として屋外用のイルミネーション

 秋から冬にかけてはどんどん太陽が出ている時間が短くなります。暗くなりやすくなるので夜には寂しい気持ちになるかもしれません。でも最近は少し様子が異なります。多くの家庭では、イルミネーション用の飾りつけを行っています。どんな飾りつけをするかは各家庭で異なりますが、簡単なボード式のものを取付けるだけのこともあれば、家の生垣などに這わせるようにして豪華な装飾をしている人もいます。夜なのにお昼のような明るさになっているところもあります。ではこれらのイルミネーションはどうやって選んで設置をするかです。単に電線を購入して、電球などを取付ければよいかですが、一応専用のセットが販売されています。クリスマス用品として選べるようになっているので、ネットなどで選んでみると良いでしょう。

 良く販売されているのは、一定の長さの電線とセットになったタイプです。等間隔に電球が取り付けられていて、電源を入れると電気がつきます。電気の付き方は常についているタイプと点滅タイプ、さらには点滅に複数のバリエーションがあるタイプなどがあります。見た目は点滅するタイプの方がきれいですし、一件電気代なども安くなりそうです。電気代は点滅時間に影響しますが、常についているタイプと変わりません。問題は使える寿命です。常についているタイプの方が長く使えると言われています。ある年だけ使うのであれば点滅タイプでもいいですが、一定期間使い続けようとするなら常につくタイプを検討すると良いでしょう。常につくものだけだと寂しいと感じるなら、一部を点滅タイプにするなどにしてみましょう。

 かつては豆電球タイプが多かったですが、今はLEDタイプが選べるようになっています。元々豆電球でもそれほど電気の消費はありませんでしたが、LEDならもっと電気の消費を減らせるようです。どれくらい点灯させるかですが、通常は暗くなる5時ぐらいから点けて、夜に寝る時に消すことが多いです。たまにあるのが消し忘れでしょう。消し忘れやつけ忘れを無くしたいならタイマー付きを購入しましょう。電源部分にタイマーがついていて、つけたい時間と消したい時間を設定できます。タイマーのみもあるので、タイマーがないタイプでも自動でつけたり消したりが可能です。冬場は、雪の少ないところは雨は少なめですが、全く降らないわけではありません。防水加工がされているものかどうかを確認して購入するようにしましょう。

ページトップへ